カンボジアの送り出し機関はどんなところ?

カンボジア人技能実習生の送り出し機関となっているのは、現地カンボジアの職業訓練学校や語学学校、労働者派遣業者などです。
また、縫製工場や工業製品の生産工場が送り出し機関となっているケースもあります。
いずれにしても、現地の送り出し機関で日本語教育や日本文化について学ぶだけでなく、縫製や金属加工などの基礎を学んでから、技能実習生として日本にやってきます。
カンボジアでは、日本での技能実習はたいへん人気があります。

治安がよく、暮らしやすいことに加えて、帰国後に日本で習得した技能を活かして、工場で働くことができるためです。また、滞在中に貯金をして、貯めたお金を元手に自分で事業を始める元技能実習生もいます。

カンボジアの送り出し情報が手に入ります。

日本での技能実習についての良い評判が広く知れ渡っているため、若くて優秀な人材が集まってくるという好循環が続いてます。

カンボジアでは、日本への送り出しの前に、6ヶ月から1年程度の研修を行っているため、来日後に「言葉の壁」で困ることもありません。

日本語能力については個人差がありますが、日常会話に不自由がないレベルのカンボジアも多く、日本語が達者な人が他の人の通訳をしてくれるため、日本語が通じなくて困ってしまうことはないでしょう。

また、既に来日経験のある技能実習生も少なくありません。



過去に技能実習生として働いた人が、再度リピーターとして応募してくることが多いためです。



過去に滞在経験がある人材は、即戦力として期待できます。