カンボジア実習生送り出し制度のメリット

民間企業の協力によって、アジア諸国からの外国人送り出し実習生に日本の高い技術を伝授し、それを彼らの母国に移行させるプランは着実に進んでいます。
これらの実習生は中国、ベトナムなどの若者が主でしたが、最近ではカンボジアからの送り出しが注目を浴びています。カンボジア人はその気質として自己主張を強くせず、素直で日本人が尊重する「和」ということをよく理解することができるので、日本の研修先の企業に派遣されても、うまく溶け込んで日本の文化に馴染むのが早いと評価されています。

カンボジアの送り出しに関するマニアックな情報をお届けします。

この実習生の送り出し制度は、これからのカンボジアの発展を担う若者の育成だけではなく、受け入れ側の日本の企業にも多くの恩恵をもたらしています。



例えば日本はどんどん高齢化社会が進んでおり、若い働き手が不足しつつあります。カンボジアの労働意欲がある優秀な若者の投入によって、今民間企業には新しい風が吹き始めました。

ともすればマンネリになりかねない職場は活性化され、彼らに仕事を教えるという過程で、自分自身も気がつかなかったり見落としていたポイントを見直すことができたという報告もあります。


また、拙い日本語を駆使して仕事を覚えようと努力する実習生の姿に、企業内でも自然と思いやりが芽生え、職場全体の人間関係が良くなります。



このようにカンボジアからの研修生は、日本の企業にたくさんの恩恵をもたらしてくれます。
そして、受け入れ企業は国際化社会をますます前進させる要因として期待されているのです。