日本語でカンボジアの人材派遣会社に登録できる

カンボジアの人材派遣会社というと、カンボジア語が必要になると思われるかもしれません。

しかし、日本語で人材派遣会社に登録できます。

この国には、日本人が経営している人材派遣の会社がいくつかあります。

そんな会社だったら、現地の言葉を使う必要はありません。

カンボジアの人材派遣のための情報を提供するサイトです。

日本語を使ったコミュニケーションができます。履歴書も職務経歴書を日本語で書いて構いません。

カンボジアは外国からの投資が盛んな国です。

日本からの投資も盛んで、日系企業もあります。だから、日本人が働いている人材派遣会社もあるのです。

この国で働くメリットは多いです。


ダイナミックに成長しているので、活躍の場が多くあります。
特に部下を率いて働いた経験のある方だったら、就職や転職の時に有利になります。
営業関連の仕事の需要が多いのですが、それ以外の仕事もあります。



例えば、IT企業で働く仕事も求人も増加しています。現地にある人材派遣の会社に登録したら、多くの求人の中からあなたに合ったものを紹介してもらうことができます。
カンボジアに行く前に、言葉の問題は解決しておく必要があります。

現地の言葉ではなく、英語が話せることが重要になります。

いろいろな外国の企業が進出しており、そこで使われているのは主に英語です。


外国企業で働いているカンボジア人も英語を使っています。
アメリカやイギリスの企業ではないので、高度な英語力は求められません。それでも英語でコミュニケーションできる能力がなかったら、現地で働くのは難しくなります。



TOEICで600点以上取れたら、普通に働くことができます。