美容外科のヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は、メスを使わずに綺麗になれることで人気があります。

美容外科の治療でヒアルロン酸注射が適用されるのは、鼻筋を高くする、ほうれい線を消す、顎を尖らせて顔にシャープ感を出す、ふっくらした涙袋や唇を作る、などです。

また、バストに注入して1カップ程度大きくさせることも可能です。

あなたにオススメのNAVERまとめ関連のノウハウを解説します。

美容外科でヒアルロン酸注射を受けると、効果はだいたい3ヶ月~1年ほど持続します。

これは薬液の注入量、体質、注入した部位、などで個人差があります。ヒアルロン酸注射は、注入後に体になじんで吸収されますが、元に戻ってしまうという特徴があります。

人によって受ける間隔は違いますが、多いのは年に3~4回受けるペースです。2回目以降の注入は、最初に施術を受けて、完全に効果がなくなってしまう前がベターです。



こうすればシワがない状態をキープできます。


ヒアルロン酸注射は美容外科ではほとんどリスクがない治療ですが、クリニックや医師選びは怠らないことが大切です。

名古屋の美容外科情報があります。

施術前のチェック点は、次の3つです。
1つ目は料金です。

格安と謳っているクリニックは、質の悪いものを使っている可能性が高いです。
質が悪いと注入してすぐに効果がなくなってしまうことが多いです。
2つ目は、注入量が細かく表示されている場合です。0.1cc単位で価格表示しているところは、費用が高くなってしまう可能性があります。

3つ目は、医師の腕が悪い場合です。


ヒアルロン酸注射は、入れる量や注入層を間違ってしまうと、ミミズ腫れや内出血が起こる危険性があります。

これらの3点に気をつけて、安全な治療を受けるのがおすすめです。